Enzo MariのMama (17cm, 円形, 焦げ茶色)

140,00

エンツォ・マリがデザインした、ル・クルーゼの正円型の鍋です。1970年代に発表されたもの。

在庫1個

説明

キッチン用品での茶色のトーンの選び方は特に難しいと言われますが、そこは20世紀を代表する偉大なデザイナー、艶のあるダークチョコレート色という素晴らしい選択です。鍋自体がすでに美味しそうに見える色。

収納時は蓋を裏返しに載せて、他の鍋を重ねられるようにデザインされています。調理中は持ち手も熱くなりますので、鍋つかみをお忘れなく。

22,7(持ち手含む)× 17,0 × 12,5 (cm)
1900 g(本体1237 g、蓋663 g)

本体底面にLE CREUSET MADE IN FRANCE 17の表記。

今ではめったに見かけない、最少サイズ(直径17cm)のMamaです。
1人前から2人前の煮込み、スープ、チーズフォンデュ、ピラフなどにちょうど良いです。チョコレートフォンデュにも良さそう。

使用感(細かいすり傷)はあるものの、内側の状態はおおむね良好です。

持ち手の角の部分に塗料の若干のはがれ、フタのふちに少々の傷、その他経年による微細なかすり傷がありますが、日常使用には差し支えのない状態です(製造時についた塗装のムラ、極小の黒い気泡は、当時のほぼ全ての製品に見られます)。ガス、電気、IH調理器、すべてに対応。

洗う時は、傷をつけないように柔らかいスポンジを使用してください。
底面外側に焦げがついてしまった時は、メラミンスポンジを使うと綺麗に落ちます。
内側に焦げ汚れが付いた場合は、20分ほど水に浸けておくと落としやすくなります。

追加情報

重さ 1.9 kg
サイズ 22.7 × 17 × 12.5 cm

About the author