468510

バスク模様の大きなティーカップ(Béarn)

SOLD

HBCM(Hippolyte Boulenger-Creil-Montereau イポリット・ブーランジェ&クレイユ&モントロー)窯の「ベアルン」シリーズの大きなティーカップです。

バスク模様ティーカップ(Béarn)

1930年代に作られた硬質陶器製で、スタッキングもできます。
数あるカップの中でも一番めずらしい大きいタイプなので、お茶に限らずスープや小さいカップヌードル、またはティラミスなどのデザートを入れるのにも良いかと思います。

A

バスク模様ティーカップ(Béarn)
口縁に釉薬の剥がれがいくつか見られます(いずれも幅1ミリ程度)
バスク模様ティーカップ(Béarn)
バスク模様ティーカップ(Béarn)
バスク模様ティーカップ(Béarn)

サイズ : 口径10,3 / 高さ7,0(cm)*持ち手部分の幅 約3,0cm
重さ : 259g


B

バスク模様ティーカップ(Béarn)
バスク模様ティーカップ(Béarn)
口縁からやや外側に向かって釉薬の剥がれが見られます(長さ2ミリ弱)
バスク模様ティーカップ(Béarn)
見込み(カップ内側の底)に、焼成時にできた窯キズがあります
バスク模様ティーカップ(Béarn)

サイズ : 口径10,3 / 高さ7,0(cm)*持ち手部分の幅 約3,0cm
重さ : 257g


釉薬の掛けムラや溜まりや色飛び、釉がけ前に付いた小さな凸凹は、古い手工業製品に見られる特徴であり、また、それこそが味わい深い魅力でもありますことをご理解ください。

洗う時は、傷をつけないように柔らかいスポンジを使用してください。
また、コーヒーや紅茶などの液体が接触したまま長時間放置すると、貫入状に色が沈着するおそれがあります。焼き締めが柔らかい陶器(Faïence)の性質上の取り扱い留意点として、ご理解いただきますようお願い申し上げます。