468510

Wedgwoodの19世紀の皿『Queen Charlotte』

SOLD

ウェッジウッド謹製、Queen Charlotteという名のデザインのプレートです。

ウェッジウッド19世紀後半Queen Charlotte
ウェッジウッド19世紀後半Queen Charlotte
ウェッジウッド19世紀後半Queen Charlotte
「Rdn1474」は「Registered pattern no.1474」の略
ウェッジウッド19世紀後半Queen Charlotte
長く壁に飾られていたために、壁掛け用ワイヤー器具を固定する小さな切り込みがリム周辺に4ヶ所あります。その代わり、見込み部分にカトラリー傷はなく艶やかです。
ウェッジウッド19世紀後半Queen Charlotte

この図案名の「シャルロット女王」はヴィクトリア王妃の祖母に当たり、1761年に神聖ローマ帝国からイギリスに嫁いだ女性(配偶者はジョージ三世)。バッハやモーツアルトら芸術家を庇護し、植物を愛し、キュー・ガーデンの設立に関わったという人物です。

同じデザインで青絵バージョンも存在していて、そちらは1886年製。金彩入りの豪華フルカラーで発表したデザインを、少し遅れて1色使い廉価版で世に出す流れはありうるので、1880年ごろの品物ではないかと考えています。
または成婚後100年記念に作られたプレートの可能性もあるので、そうすると1861年製という見方もできるかと。いずれにせよ、19世紀後半の品物です。

その他、釉薬の掛けムラ、釉掛け前に付いた小さな凸凹は、古い手工業製品に頻繁に見られる特徴であり、また、それこそが味わい深い魅力でもあります。

急激な温度変化は避けた方が無難です。食洗機、電子レンジの使用は厳禁です(金彩絵つけのため)。

色が濃く水分の多い食品が触れた状態のまま長時間放置すると、貫入状に色が沈着する恐れがあります。焼き締めが比較的柔らかい陶器(FaïenceおよびPorcelaine opaque)の取り扱い留意点として、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

サイズ : 直径25,7 / 高さ2,5(cm)
重さ : 465g