468510

バスク模様のコーヒーカップ&ソーサー(FB)

SOLD

Badonviller窯製のバスク模様のコーヒーカップとソーサーのセットで、1940年代の品です。在庫は4セット分あります。

小冊子「バスクもようのうつわ」を読んだ方にはお分かりいただけるかと思いますが、他の窯の製品にはない特徴のある絵つけ(特にソーサーの方)です。

カップ

A

サイズ : 口径8,5 /高さ5,7 (cm) *持ち手部分の幅約2,3cm
重さ : 106g


B

(カップB)持ち手の根元ちかくに釉掛け前についた小さなすり傷があります

サイズ : 口径8,5 /高さ5,7 (cm) *持ち手部分の幅約2,3cm
重さ : 112g


C

(カップC)本焼成中に飛んだ釉薬つき陶土の、幅3mm厚さ1mmほどの塊が底面外側にあります。強く引きずったりすると、ソーサーやテーブルを傷つける恐れがあります。

サイズ : 口径8,4 /高さ5,7 (cm) *持ち手部分の幅約2,3cm
重さ : 109g


D

(カップD)赤い釉薬の飛沫が見られます

サイズ : 口径8,4 /高さ5,7 (cm) *持ち手部分の幅約2,3cm
重さ : 107g


ソーサー

a

サイズ : 直径13,3 /高さ1,9 (cm)
重さ : 113g


b

(ソーサーb)赤い釉薬の飛びが見られます

サイズ : 直径13,3 /高さ1,8 (cm)
重さ : 112g


c

(ソーサーc)裏面の刻印がとても薄いです

サイズ : 直径13,3 /高さ1,8 (cm)
重さ : 124g


d

(ソーサーd)裏面の刻印がこすれた跡が見られます

サイズ : 直径13,3 /高さ1,7 (cm)
重さ : 106g


いずれもほぼ未使用と言える、とてもきれいな状態です。
釉薬の掛け残しや溜まり、色飛び、描線の擦れなどはこの時代の手工業製品の特徴であり、味わい深い魅力でもあります。

急激な温度変化は避けた方が無難です。現代の食洗機、電子レンジに耐えうるかどうかは保証できません。

洗う時は、傷をつけないように柔らかいスポンジを使用してください。
また、コーヒーや紅茶などの色の濃い液体が入った状態のまま長時間放置すると、貫入状に色が沈着する恐れがあります。焼き締めが柔らかい陶器(Faïence)の性質上の取り扱い留意点として、ご理解いただきますようお願い申し上げます。