Mary-Louのカップ

2016年2月06日
|

Digoin-Sarreguemines窯のMary-Lou(マリー・ルー)シリーズのカップです。1920〜1950年に使用の刻印が付いていますが、把手のデザインから1920~30年代の品だと思われます。絵付けは手描きで、それぞれに味わい深い表情。こちらはカップのみの販売ですが、青、ワイン色などの無地のソーサーを合わせてもよいと思います。

サイズ  :
A 口径9,0/高さ5,4 (cm)
B 口径9,0/高さ5,3 (cm)
C 口径9,0/高さ5,3 (cm)
*持ち手の出っ張りは奥行き約2,5cm

重さ : A 130g/B 122g/C 124g

3点ともかなり良い保存状態です。
Aは、内側底にうっすらと貫入が見られます。
Bは、把手と180度の位置に、釉掛け前についた小さな欠け(1,5 x 3mm程度)がありますが、未使用品。
Cは、絵付けに擦れたあとがあり、内側に青い釉薬の飛びが見られます。未使用品。
その他、釉薬の掛け残しや色飛び、釉掛け前に付いたヒビやバリ、描線の擦れなどは、この時代の手工業製品の特徴であり、味わい深い魅力でもありますのでご理解ください。
急激な温度変化は避けた方が無難です。現代の食洗機、電子レンジに耐えうるかどうかは保証できません。
コーヒーや紅茶などの色の濃い液体が入った状態のまま長時間放置すると、貫入状に色が沈着する恐れがあります。
焼き締めが比較的柔らかい陶器(Faïence)の性質上の取り扱い留意点として、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

価格 : 4500円/個(日本までのコリッシモ便送料込み)
在庫 : 3個(A,B,Cのいずれかをご指定下さい)

ご注文は、サイトメニューの「お問い合わせ」より、メールにてお願いします。お買い物の流れも、ご一読下さい。

A
IMG_1776

IMG_1777
IMG_1778
IMG_1779
IMG_1781
IMG_1782

B
IMG_1783
IMG_1784
IMG_1785
IMG_1786
IMG_1787
IMG_1788

C
IMG_1789
IMG_1790
IMG_1791
IMG_1792
IMG_1793
IMG_1794
IMG_1795
IMG_1796

Comments are closed.

Leave a comment:

Comments Closed