19世紀のGienマーガレット模様平皿

2015年6月09日
|

ハンドステンシルの刷毛目に味のある、130年以上前に作られたGienのディナー皿です。こういった素朴なタイプの絵付けはGienには非常に珍しく、他に見かけた事がありません。よく焼けたトーストや、ブラウニーのようなざっくりした焼き菓子などに、よく似合うのではないかと思います。

サイズ  : 直径23,7 /高さ2,8(cm)
重さ : 445g
裏面にPORCELAINE OPAQUE DE GIENの刻印(1878年に使用されたタイプ)と、451の数字、解読の難しいアルファベット大文字2個の刻みがあります。作られてから1世紀以上も経つので、カトラリー傷など多少の使用感と貫入は見られますが、表側に欠けは無い良い状態です。裏側の縁に3カ所(7 x 5mm、2,5 x 1mm、4 x 3,5mm。下記画像を参照)欠けがあります。
その他、釉薬の掛けムラや色飛び、描線の擦れなどは、古い手工業製品の特徴であり、味わい深い魅力でもあります。
急激な温度変化は避けた方が無難です。現代の食洗機、電子レンジに耐えうるかどうかは保証できません。
洗う時は、傷を付けないように柔らかいスポンジを使用してください。また、色が濃く水分の多い食品が触れた状態のまま長時間放置すると、貫入状に色が沈着する恐れがあります。焼き締めが柔らかい陶器(Faïence)の取り扱い留意点として、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

価格 : 6500円(日本までのコリッシモ便送料込み)

ご注文は、サイト上部の「お問い合わせ」よりメールにてお願いします。お買い物の流れも、ご一読下さい。

IMG_1164
IMG_1165
IMG_1166

Comments are closed.

Leave a comment:

Comments Closed