バスク模様のスープカップ2個セット(Digoin)

2015年4月30日
|

SOLD

Digoin Sarreguemines窯製のバスク模様のスープカップ、1930-40年代頃の物だと思われます。持ち手が両側に付いたこのようなデザインの物は大変珍しく、まだ他で見かけた事がありません。スタッキング出来るのも魅力的。

サイズ  : 口径11,0 /高さ7,7 (cm) *持ち手部分の幅約2,3cm
重さ : 296g/330g(それぞれ重さが違います)

どちらも底面にBASQUE DIGOIN SARREGUEMINES FRANCE 16の表記。
未使用と言える、非常に良い状態です。釉薬の掛け残しや溜まり、色飛び、描線の擦れなどはこの時代の手工業製品の特徴であり、味わい深い魅力でもあります。
急激な温度変化は避けた方が無難です。現代の食洗機、電子レンジに耐えうるかどうかは保証できません。
洗う時は、傷を付けないように柔らかいスポンジを使用してください。また、コーヒーや紅茶などの液体が入った状態のまま長時間放置すると、貫入状に色が沈着する恐れがあります。焼き締めが柔らかい陶器(Faïence)の性質上の取り扱い留意点として、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

IMG_0776
IMG_0778
IMG_0775
IMG_0780

Comments are closed.

Leave a comment:

Comments Closed